1人で完成させる事なくデザインに家族や知人の意見も取り入れる

家族の意見を取り入れよう

注文住宅では、お金を出したり、ローンを返したりする人が家を建てる時の決定権を握ることが多いのではないでしょうか。しかし、家は一人で住むものではないですし、家族みんなで作り上げるものです。自分一人だけの意見で決めていくと、後から子どもや家族から家に対しての不満が出ることが多々あります。自分だけの理想を追求せず、家族の意見も取り入れましょう。

子ども部屋を作るならば、実際にその部屋で思春期を過ごすのは子ども自身なので、どんな部屋に住みたいのか聞いてみましょう。子どもがまだ小さいならば、子どもがいずれ主張するであろうことを想像しながら部屋作りをすることが大切です。専業主婦の場合、妻は夫よりも長い時間家にいることになります。性能やデザインは必ず妻の意見も聞くようにし、お互いにとって居心地のいい空間を目指していかなければなりません。

知人の意見を取り入れよう

初めての家づくりはわからないことだらけです。それだけでなく、家づくりは一発勝負。入念に考えても、実際でき上がった家に住んだ後に「こうすればよかった」と後悔することもあるはずです。そうならないためには、実際に注文住宅を建てた、知人の意見を取り入れると良いでしょう。実際に家を建て、注文住宅に住んでいる知人からはデザインや機能などに関して、貴重な意見を聞くことができます。相談する相手が友達ならば、適当なことは言わないですし、あなたの考え方や、性格などを考慮した上で、どういう家にすれば良いのかアドバイスしてくれるでしょう。知人に今住んでいる家でどういう所が気に入っているか、後悔しているかなどの話を聞き、家づくりの参考にしてみましょう。

一戸建てとは、一般的には1つの建物に1つの世帯(家族)が住んでいる住宅のことをいいます。1つの建物に複数の世帯(家族)が住む「一軒家」とは区別されます。