21世紀に入ってから、一部の富裕層だけでなく一般所得層の間でも注文住宅に対する関心がどんどん強まっています。実際に注文住宅を建てようと本気で検討中である方々のために、参考になりそうな情報をお届けしていきます。

注文住宅とコストの関係

注文住宅を建てたいとおぼろげながら考えている人達の中には、コスト面に関する事が気にする人がとても多いと言われます。ここでは、注文住宅を建てる際の平均価格やコストダウン方法、1億円かけた場合にどんな家が建つかをご紹介します。

注文住宅を建てるには平均的に幾らくらいのコストがかかるか

多くの人にとってマイホームは憧れの的ですが、マンションや戸建てといった様々な選択肢がある中でも、理想の家を手に入れることができるのが注文住宅です。もっとも、その分注文住宅は高価であるというイメージ…

注文住宅を建てるにあたってどんな工夫をすればコストを抑えられるか

家は決して安い買い物ではありません。あれもこれもと欲張っていると、予算を大幅に上回る可能性もあります。家づくりにお金を使いすぎて生活を圧迫しないために、工夫をしてコストを抑えていきましょう。コスト…

>

注文住宅で自分好みの家

予算が潤沢な人が1億円のコストをかけたらどんな家が建つか

設備の充実した安心の設計

予算が十分に確保できる場合、注文住宅では自由にオプションを組み込みやすいです。子供のために安全な造り、セキュリティの強化などはもちろん、あらかじめ床暖房などを入れておくことで工事費を安く抑えられますし、年中快適な環境になります。バリアフリーのために行う設備工事は通常後付けになりがちで、元々適さない建物を何とか利用するということも少なくありませんが、最初から設計するならゆとりのある階段や手すり、滑らない浴室など全年齢層に配慮した安心なものにすることも可能になるのです。基本の作りに予算をかけるとそれだけ見た目はすっきりとしたまま機能性を充実させることが出来るので、お手入れもしやすく見た目も美しいまま保ちやすくなります。

趣味をたっぷりと楽しむ家に

趣味は人生を満喫するために必要不可欠と考える人も少なくないのではないでしょうか。種類によっては場所を取る、音が大きいなど活動に制限がかかるものも見受けられます。長年楽しんできているもの、特に家族全体で共有できるものなどは専用の部屋を設けることもQOLを増加させるために効果的です。音楽を趣味にしているのなら防音室、映画や映像が好きならシアタールーム、工作や機械いじりが好きならガレージや工房など、通常の建売では設置が難しかったり追加工事が必要になるものも注文住宅では自由自在です。そこまでこだわりの趣味がないという場合でも書斎や書庫、充実した台所環境など、一般的にある程度備える設備について拡充するだけでもより使い心地が増します。

注文住宅とデザイン

注文住宅なら完全に理想通りのデザインの建物が完成する

20年・30年後にデザインが時代に合わなくなってきても人のせいにできない

1人で完成させる事なくデザインに家族や知人の意見も取り入れる